管理薬剤師

管理薬剤師 > ブランクのある管理薬剤師のための復職支援

ブランクのある管理薬剤師のための復職支援

女性薬剤師の年代別労働市場は、30歳くらいから人口が少なくなっています。 その理由は結婚や出産を期に離職したということと、復職しにくい環境だからということです。 子育てが落ち着いたら、復職を考える女性は少なくはありません。 しかし、薬は日々新しい物が開発されて、離職している間、医薬品はかなりの進歩を遂げているのです。
パートの薬剤師に人気の時間帯

さらに、進歩していることと同時に医薬品の種類は多くなり、その分複雑化してきているのです。 そのため書籍などだけで、勉強しようとしても、この空いてしまった時間を埋めることはかなり難しくなっています。

知識の穴埋めはもちろん、技術の穴埋めもかなり難しくなっているでしょう。 こうした理由により、再就職を諦めてしまう薬剤師が多いようです。 スキルや知識が不十分なまま復職をすることは、リスクがかなり高いため、安全な医療の実現のためにも、やはり避けるべきでしょう。

しかし、せっかく薬剤師免許があるのですから、やはり薬剤師としてもう一度働きたいと思っている人は多いはずです! そこでおすすめなのが、ブランクのある薬剤師のための復職支援プログラムです。 復職支援プログラムは、主に大手の調剤薬局や人材紹介会社などが行っており、基本的には調剤薬局での業務などを位置から学習することができます。

2012年に初めて6年制薬剤師が卒業して、就職しました。 彼らが転職を考え始めるのはおそらくそう遠くない将来であり2015年から2016年辺りから始まるでしょう。 6年間学校で学んできた分、やはり学習内容は濃いものとなっているため、今後は4年制よりも6年制導入後の新人を取る可能性が大きくなります。

年々薬剤師の選考基準は上がってきていますが、2015年以降から更に上がることが予想されます。 そのため、復職も転職も今が最大のチャンスなのです! ブランクが気になる方も、復職支援プログラムに参加して、きちんと知識も技術も取り戻すことができれば、きっと就職後も心配は無いでしょう。

行動しないと何も始まりませんし、まずは復職支援プログラムに酸化して、すぐにでも職場復帰できるような準備をしておきましょう!


公務員薬剤師とは?

公務員はどの時代にも人気のある職業であり、不況や将来に不安が多い現在では、更に人気を集めている職業でもあります。 実は、この人気のある公務員ですが、薬剤師として公務員に就職することも可能なのです。 では公務員とは、どのようなものなのかをご紹介します。

まず公務員薬剤師ですが、薬剤師だろうと関係なしに公務員試験を受けて、合格しなくてはなりません。 さらに、公務員薬剤師の募集はあまり多くない上に、公務員を狙っている人はたくさんいるため、かなり狭き門であると言えます。

また、人の少ない地方の場合は、公務員とのつながりがなければ合格は難しいという噂もあるため、狙うなら本気で挑戦しなくてはなりません。 狭き門をくぐり抜けて合格し、公務員薬剤師になったら、どのような業務を行っていくのでしょうか?

公務員薬剤師は薬の調剤などをする、調剤薬局の薬剤師などとは違った業務を行います。 公務員薬剤師が行う業務は、衛生対策業務が主となります。 衛生対策とは、水質や大気などの状態を調べたり、ゴミ対策などの環境や、食品衛生、公衆浴場などの検査を行います。

この業務では、業者の方と一緒に行っていくことが多く、業者への指導やデータを測定することなどが薬剤師の仕事となります。 また、衛生対策に関しての相談や苦情を対応するのも、公務員薬剤師の業務のひとつとなっています。

薬を調剤したり、開発したり、医薬品に関わるお仕事をしたい人には向いていないかもしれませんね。 また、見事に公務員薬剤師になれたとしても、希望する部署に配属されるとは限りません、 もしも挑戦したいことがあるのならば、公務員以外を目指してみた方が良いでしょう。

もちろん、求人を募集している限りは、合格する可能性もあるので、本気で公務員をやってみたいと思っているならば、是非挑戦してみましょう。 日本の経済状況に応じて、今後ますます人気が上がってしまう可能性もあります。 公務員を目指すなら、早めに行動することがおすすめです。

治験コーディネーターへの転職│研修内容と仕事の流れ